Top >  レーシックをお考えの方に >  レーシック手術に向かない条件

レーシック手術に向かない条件

コンタクトレンズや眼鏡から

解放されるのはとても快適です。


しかし、気軽に受けられるレーシックも、

手術には変わりありません。


レーシックが自分に本当に合っているか、

よく考えてから決めましょう。


まず、未成年はまだ成長段階で、

視力が安定していないため、手術を受けても

視力が落ち着かない可能性があります。


低下してしまうこともあるそうです。


逆に高齢の老眼も

レーシックでは回復しないため

向いていません。


また、白内障や結膜炎など目の疾患のある方や、

角膜の再生が遅くなる恐れのある肝炎や

糖尿病などを患っている方も向いていません。


また職種によっても、格闘家など目に衝撃を与える危険性のある方や、

術後に出る症状が職務に支障の出てしまう、

パイロットや運転をする職種の方も向いていません。


年齢や健康状態や職種、術後に通院のための

休暇が何日か取れるかなども考慮し、

自分に合っているのかどうか判断してみましょう!

         

レーシックをお考えの方に

最近では、レーシック手術を受ける方が
増えてきました。

皆様の身の回りにも手術をされた方が
いらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、「目の手術なんて怖い!」
「失明することって無いの?」などなど・・・

手術となると、不安を抱く方も多いでしょう。

実際に手術を受けた私の体験談が、
少しでも参考になればいいなと思います。

このカテゴリ内の記事


レーシック手術に向かない条件
レーシック手術の病院選び
レーシック手術メリット・デメリット







Yahoo!ブックマークに登録