Top >  レーシック手術当日 >  手術待合室へ

手術待合室へ

驚いたことに、同じ日の同じ時間に

手術を受ける人が何十人もいます。


なので、すべての工程が

流れ作業のように進みます。


私のときは、2名ずつ呼ばれ

まずはロッカーへ。


腕時計・指輪・ピアスなどの

貴金属はすべて外します。


荷物をすべて、このロッカーにいれて

暗証番号を設定しロックします。


手術待合室に移動して、

スタッフさんがカゴを用意してくれますので、

その中にあるスリッパに履き替えて靴を入れます。


割烹着みたいな手術着と、

給食係の帽子のようなキャップに

髪の毛をキッチリしまってかぶります。


なぜか私の手術着には、結構大きな黒いシミがあり、

一体何のシミなのか変に不安を煽られました(笑)


右肩に名前のシールが貼られます。


これで準備は完了です。


その後看護師さんから、

手術の注意書きのファイルが渡されます。


自分の手術の番までの待ち時間の間に、

このファイルに目を通します。


目を通したら、

1回目の麻酔の点眼薬をしてもらいます。


名前が呼ばれ、

手術室前の廊下のイスに案内されます。

         

レーシック手術当日

手術前の手続きから、
帰宅するまでの流れを紹介します。

手術自体は、5分程度の施術です。

手術当日にかかった時間は、
トータルしても、2時間もかからないくらいです。

このカテゴリ内の記事


当日出発前の準備
術前の最終検査
支払い
手術待合室へ
第一手術室へ
第二手術室へ
休憩室へ
帰宅







Yahoo!ブックマークに登録