Top >  レーシック手術当日 >  休憩室へ

休憩室へ

保護メガネ
保護メガネ


別室の休憩室に移動して、ゆりかごのように、

ちょっとユラユラするソファに座ります。


なんだか、このゆらゆらがが不安定で怖くて、

休めない感じでしたが・・・。


目薬と飲み薬を処方され、説明を受け、

保護メガネをもらって、終了になります。


飲み薬は、痛み止めです。


保護メガネは、透明のプラスチックで出来ていて、

横からの埃の浸入もガードできるように、

横までカバーされています。


外出時には、これを着用します。


目薬は、以下の4種類が処方されました。


・ベガモックス点眼液(抗菌作用・感染予防)


・DMゾロン点眼液(抗炎症作用)


・使いきりタイプのヒアレインミニ点眼薬(乾燥予防・角膜保護)


・ヒアロンサン点眼液(乾燥予防・角膜保護)


使いきりのヒアレインミニを、

使い切ったらヒアロンサン点眼液に切り替えます。


「ではこれで帰宅になります。」と言われますが、

目はまだぼやけてて、はっきりは見えない。


鏡を見ると、ちょっと目が赤いかなと言う感じでした。


でも充血まではしていませんでした。

         

レーシック手術当日

手術前の手続きから、
帰宅するまでの流れを紹介します。

手術自体は、5分程度の施術です。

手術当日にかかった時間は、
トータルしても、2時間もかからないくらいです。

このカテゴリ内の記事


当日出発前の準備
術前の最終検査
支払い
手術待合室へ
第一手術室へ
第二手術室へ
休憩室へ
帰宅







Yahoo!ブックマークに登録