Top >  レーシック手術当日 >  帰宅

帰宅

外に出ると天気は曇りなのに眩しくて、

お店屋さんの照明などが、刺さるように眩しくて、

目がしっかり開けない感じでした。


せっかく東京まで来たのに、ウィンドーショッピングすら出来ず、

手術が終わると、とんぼ帰りせざるを得ませんでした。


眼球がヒリヒリして、目を開いてるのもつらいので、

頻繁に目薬を差し、

帰りの高速バスでは、爆睡しながら帰りました。


眩しいやら目が滲みるやらで、

目を開いていると、

涙が止まりませんでした。


なんだか船隊ヒーローがしているような、がっちりガードのついた、

大きな保護メガネをしているし、泣いているし、きっと周りの人には、

ひどい花粉症の人だと、思われていたと思います。(笑)


家に着く頃には、ヒリヒリ感もおさまって、

だいぶはっきり見えました。


しかも、コンタクトよりも、

メガネよりもクッキリ見えます!


眉間にシワをよせなくてもよく見えます(笑)


強く瞬きするとピリっと軽く痛いけれど、

そんなに違和感もありません。


翌日も検診なので、いつもなら夜はネットをするところですが、

目が疲れるので早く就寝しました。

         

レーシック手術当日

手術前の手続きから、
帰宅するまでの流れを紹介します。

手術自体は、5分程度の施術です。

手術当日にかかった時間は、
トータルしても、2時間もかからないくらいです。

このカテゴリ内の記事


当日出発前の準備
術前の最終検査
支払い
手術待合室へ
第一手術室へ
第二手術室へ
休憩室へ
帰宅







Yahoo!ブックマークに登録