Top >  レーシック手術後の生活 >  手術後の症状

手術後の症状

麻酔が切れてくると、個人差によりますが、

痛みが出る人もいます。


痛み止めが処方されますので、痛む時には服用し、

術後は目に負担をかけないよう、

早めに帰宅し、休むようにしましょう。


術後1週間の外出時には、目の中にゴミや物が入らないよう、

病院からもらう、保護メガネをしましょう。


このメガネは1つ目は無料ですが、

失くしたり壊したりした場合、

2つ目から有料になりますので注意しましょう。


これも個人差なのですが、術後半日くらいは、

鮮明には見えませんが、

翌日以降は段々とはっきりしてくるようになります。


私の場合も、手術直後は白く曇ったように見えて、

「本当に見えるようになるの?」と、不安になりましたが、

4ー5時間ほど経つと、曇りが取れて面白いほど良く見えました。


この頃は視力が低下し、メガネとコンタクトの度も

合わなくなってきていたので、

こんなにはっきり見えるのは不思議な感覚でした!


人によっては、白目の部分に、内出血が出ることがありますが、

1週間ー1ヶ月で薄くなり、消えますので大丈夫です。


夜間は、明るい光を見ると、もやがかかったように見える、『ハロー現象』や、

明るい光が眩しく見える、『グレア現象』が出ることがありますので、

夜間の車の運転などは、慣れるまで控えましょう。

         

レーシック手術後の生活

痛みも無く、
5分で終わる簡単な手術ではあります。

しかし、手術には変わりありませんので、
術後しばらくは、日常生活で
いくつか注意点があります。

視力を保つためにも
しっかり守りましょう!

このカテゴリ内の記事


手術後の症状
生活での注意点(入浴・運転)
生活での注意点(喫煙・酒・趣味)







Yahoo!ブックマークに登録