Top >  レーシック手術後のアフターケア >  保障期間

保障期間

例えば、私の受けた『コンチェルトスーパーイントラレーシック』ならば、

最低でも1ヵ月後検診までは、

必ず定期健診に行かなければなりません。


しかし逆に、1ヶ月後以降でも、

心配や不安があったときには

遠慮なく相談しましょう。


近所の眼科に行ってしまわず、

手術を受けた病院へ電話で相談したり

必要であれば、診察をしてもらいましょう。


遠方のかたですと、病院へ行くまでが大変かもしれませんが、

『コンチェルトスーパーイントラレーシック』ならば、保障は10年間続きますので、

その間に何度診察しても、何度目薬を処方してもらっても料金はかかりません。


術後に、視力が著しく低下してしまっても、

保障期間であれば、無料で再手術を受けることが出来ます。


しかし、診察の結果によって、角膜が薄すぎる人など、

再手術が出来ない場合がありますので、相談してみましょう。


どの病院でも、このような保障期間が、あるのかどうかわかりませんので、

手術の際、手術費用だけを見るのではなく、このようなアフターケアまで

しっかり考慮して病院を選びましょう!

         

レーシック手術後のアフターケア

定期健診が終わってからも、
不安や疑問があれば、
遠慮なく病院へ聞いてみましょう!

心配ならば、もちろん診察もしてくれます。

料金もかかりません。

視力が著しく低下してしまった場合、
再手術の保障もあるのです!

このカテゴリ内の記事


保障期間
老眼







Yahoo!ブックマークに登録