Top >  レーシック手術後のアフターケア >  老眼

老眼

元々高齢による老眼の場合は、

レーシックでは視力回復ができません。


加齢による、白内障を患っている方も、

レーシックが受けられない場合があります。


老眼には、通常のレーシックではなく、

遠近両用眼内レンズやモノビジョンレーシック、

老視矯正レーシック、CKなどの特殊な方法があるようです。


では、通常のレーシックを受けた方が、

年齢を重ね、老眼になった時はと言うと・・・


人は平均して、45才ころから老眼が始まり、

手元が見にくくなったりという症状が出始めます。


これは、レーシックを受けた受けないに関係なく、

老眼は必ず始まります。


その人の、手術を受けたときの年齢によっては、

手術直後や術後早期に

老眼鏡が必要になる場合があります。


これは加齢によるもので、

レーシックのせいで老眼が始まるわけではありません。


気になる方や心配な方は、

医師に診察してもらったり

相談してみましょう!

         

レーシック手術後のアフターケア

定期健診が終わってからも、
不安や疑問があれば、
遠慮なく病院へ聞いてみましょう!

心配ならば、もちろん診察もしてくれます。

料金もかかりません。

視力が著しく低下してしまった場合、
再手術の保障もあるのです!

このカテゴリ内の記事


保障期間
老眼







Yahoo!ブックマークに登録